困ったときに相談すれば安心できる!探偵について初心者でもわかりやすく解説

困ったときに相談すれば安心できる、探偵について初心者でもわかりやすく解説します。
地域に密着しているので、警察官や自衛隊や公務員に精通しているので、人々の役に立つ事を行うと笑顔になります。
生活する上でお金は必要ですが、人の為に働く事に生きがいを感じるので、楽しく仕事をするのは素晴らしいです。
飼い猫が自宅から逃げてしまうと、趣味で探すのを手伝ってくれる事があるので不思議な光景ですが、子供の気持ちが大切です。

目次
  1. 困ったときに相談すれば安心できる!探偵について初心者でもわかりやすく解説
    1. 探偵とは隠れた真実を調べることを仕事にしている人のこと
    2. 興信所とは何か?探偵との違いはどこにあるのか?
    3. 探偵へ支払う料金は調査する内容によって異なる
    4. 浮気調査を探偵に依頼する時に低料金にしたい場合には事情に最も適したプランを選ぶとよい
    5. どのくらいの調査能力を持っているかわからない探偵にいきなり高額契約をしないこと
    6. 探偵の調査能力のレベルは持っている機材の機能の良さで決まる?
    7. 探偵の技能の高さは証拠として使える報告書を提出できるかどうかでわかる
    8. 探偵に調査を依頼する場合には何社か見積もりを取り比較し検討してから行うこと
    9. 探偵の調査で成功した場合に支払う報酬の料金設定とは?
    10. 探偵へ支払う成功報酬のメリットとデメリットとは何か
    11. 探偵に支払う料金は調査人員と調査にかかった時間の長さで決まる
    12. 探偵の調査にはいくつかのプランがありバックプラン料金が設定されている場合が多い
    13. 探偵のバックプランのメリットとデメリットは何か
    14. 探偵料金で後払いする場合に発生する追加料金についての条件が明確かどうかを確認すること
    15. 探偵に依頼する際は案件内容によって金額が変わる
    16. 探偵に人探しを依頼して捜索してもらう方法も有効です
    17. 家族の借金疑惑は探偵に調査を依頼できるのか
    18. 探偵に依頼をするときは契約内容を確認しないといけない
    19. 探偵の調査依頼は様々な状況に対応できる強みがある

困ったときに相談すれば安心できる!探偵について初心者でもわかりやすく解説

困ったときに相談すれば安心できる、探偵について初心者でもわかりやすく解説します。
地域に密着しているので、警察官や自衛隊や公務員に精通しているので、人々の役に立つ事を行うと笑顔になります。
生活する上でお金は必要ですが、人の為に働く事に生きがいを感じるので、楽しく仕事をするのは素晴らしいです。
飼い猫が自宅から逃げてしまうと、趣味で探すのを手伝ってくれる事があるので不思議な光景ですが、子供の気持ちが大切です。
探偵の説明です。

探偵とは隠れた真実を調べることを仕事にしている人のこと

探偵といえばテレビでもおなじみ、調査をすることを仕事としている専門家ですが、端的にいうと隠れた事実を調べる仕事となるのではないでしょうか。
証拠を押さえて集めることが探偵の主な役割なので、相談される機会は多いですし、相談内容も実に様々です。
浮気や素行調査があれば行方不明者探しなど、情報を集めて真実にたどり着くのが探偵というものです。
勿論、調べる対象があるケースだとターゲットに知られることができないので、追跡のレベルも高いです。
全くといえるほど手掛かりがない調査のケースでも、探偵は諦めることが許されませんし、情報源とネットワークを駆使して可能な限り調べ上げます。
つまり真実を知りたい人にとって頼りになりますし、相談をすれば調べてもらえるかどうか、証拠が掴めるか否かが判明します。
確かにあまり表に出る職業ではないので素性が分かりにくいところはありますが、相談しやすくだからこそ信頼できるのではないでしょうか。

興信所とは何か?探偵との違いはどこにあるのか?

興信所と探偵ですが、現在においては両者に大きな違いはないとされています。
ただし昔は違いがあって、前者は主に企業の経営状態とか資産状況を調べるのが仕事になっていました。
そしてその際には自分の身分をしっかりと明かした上で、お宅の会社の状況を調査させてもらいますという形で堂々と調査していたのです。
今でもこれを得意としているところはありますが、かなり少数派となっており、探偵と同じように個人の浮気調査や素行調査、身元調査といったことを行います。
このほか、行方不明になっている人の捜索を行うとか、最近であれば自宅に盗聴器が仕掛けられていないかチェックして欲しいといった依頼を受けることもあれば、いじめとかストーカー被害にあっていて困っているので、その証拠を確実に押さえてもらいたいというような依頼もあって、明らかに今の時代を反映しているということもできます。
いずれも探偵でも興信所でも実施可能ですが、得意分野は人それぞれです。

探偵へ支払う料金は調査する内容によって異なる

探偵支払うお金の内容は、一体どのようになっているでしょうか。
この支払う金額に関しては、その探偵事務所に寄ってつつある事はもとより仕事内容によっても随分と変わってきます。
全てが同じならばおそらくその事務所はやがて倒産することになるかもしれません。
そもそも、仕事によって難易度が全く異なります。
例えば、ある大きな会社から、1人の人間の学歴が本当に正しいのかを調査依頼されることもあります。
この調査自体は、はっきりって相当簡単にできます。
もちろん困難になることもあるかもしれませんが、基本的にそれだけで1ヵ月かかる必要もなければ、3人で行う必要はありません。
歳だから、同じ職場でも浮気調査などはなかなか根気のいる作業です。
人によりなかなか証拠を出してこないようなところもありますので、かなりハードになるといっても言い過ぎではありません。
そして、人数も1人では足らず、交代制になっておりに交代制で行うとしても3人から4人の探偵が必要になると考えておきましょう。
その結果、多くの場合費用は1週間で1,000,000円位になります。

浮気調査を探偵に依頼する時に低料金にしたい場合には事情に最も適したプランを選ぶとよい

配偶者が浮気をしていることがわかっていても、確たる証拠をつかむことは簡単ではありません。
裁判でも活用できる証拠を獲得するとなると、やはり調査のプロである探偵への依頼も考えたいところです。
探偵に依頼すれば良い調査結果を得ることが期待できますが、詳しい浮気調査をするとなると費用が多くかかってしまう可能性もあります。
できるだけ安く調査をしたいなら、まずは一番シンプルで低料金のプランを選んでおくことをおすすめします。
調査期間が長くなればそれだけ費用も高くなりますし、調査にかかわる人員が増えると多くの人件費も発生します。
調査は一日でも対応してくれますので、まずは短期間での調査を依頼すると良いでしょう。
事前にある程度の情報を集めておくことも、調査費用を安くすることにつながります。
自分で集められる情報はできるだけ集めておきたいものです。
調査費用も探偵社ごとに違いがありますので、少しでも安くするのであれば複数社で比較することも考えてみましょう。

どのくらいの調査能力を持っているかわからない探偵にいきなり高額契約をしないこと

探偵というのは公的な資格などがありません。
どれくらいの調査能力を持っているかも分からない人にいきなり高額の契約をしても、自分の思ったとおりの結果が得られるとは限らないわけです。
しかも成功報酬制で、期待した結果が得られない場合には報酬は限定的で良いのであればともかく、そういう仕組みを取り入れていなければ、結果が思惑どおりにならなかったとしても料金は発生してしまいます。
請け負った探偵の立場からすれば、やり方が巧妙か稚拙かは文句を言われる筋合いのものではなく、とにかく仕事をすれば人件費も機材その他の必要経費もかかるわけで、結果がクライアントの満足の行くものかどうかに関わらず、そのコストは受け取って当然となりますが、こちらは納得できるものではないでしょう。
このことから、実績などを予め調べておき、この人に依頼すれば納得のいく結果が得られると期待できない限りは、いきなり高額の契約をすることは適切ではありません。

探偵の調査能力のレベルは持っている機材の機能の良さで決まる?

探偵の調査能力のレベルは、持っている機材の機能の良さで決まると考えて良いでしょうか。
これは、確かに今の時代には一定程度は当てはまることは間違いありません。
昔の小説などでも探偵の七つ道具と呼ばれるものがあったかもしれませんが、今は電子機器とかデバイスなどが確かに非常に良く用いられており、それらの性能が結果を左右することも珍しくないのは事実です。
しかし、それだけで事がうまく進むと考えるのは明らかに甘いと言えます。
どのような機器であってもそれを使うのは人間ですので、彼ら自身の能力レベルが大事なことは言うまでもありません。
駆け出しの人間に高度な機器を与えてもまともに使いこなせないのは誰でも分かることです。
また、確かに機材は重要ですが、状況によっては人間の持つ五感が何よりも大事になってくることも多いですし、行動力とか注意力などに関しては、機械が何か役割を果たせる部分はまだまだ限定的と言えるでしょう。

探偵の技能の高さは証拠として使える報告書を提出できるかどうかでわかる

探偵の仕事は依頼を受けて調査をすることですが、その技能を測るにはどういったポイントがあるでしょうか。
依頼人の気持ちになって考えてみるとわかりますが、探偵には依頼通りに調査をして、しっかりと報告書をまとめてもらいたいものです。
つまり証拠を押さえて報告書を仕上げて提出できることが、探偵の技能の高低を測るポイントになるといえます。
証拠が不十分で裁判になっても使えず役に立たなかったり、情報がまとめられていても無意味な内容であればNGです。
逆に、押さえられる証拠がすべて集められていたり、時系列順にわかりやすくなっていると助かります。
裁判では状況の確定に繋がる説得力ある証拠が必要になりますから、探偵にはそういう情報集めの調査をすることが求められます。
形だけの調査では意味がありませんし、依頼人は納得できず費用は無駄になってしまうので、費用分かそれ以上の働きぶりを見せる仕事をすることが重要となるのではないでしょうか。

探偵に調査を依頼する場合には何社か見積もりを取り比較し検討してから行うこと

探偵に調査を依頼する場合には、何社か見積もりを取り、比較検討してから行うことを強くお勧めします。
これを相見積りとも呼びますが、これは探偵だけに限らず、それなりに高額で、しかも自分自身では提供されるはずの商品とかサービスの品質やレベルを、十分に判断できるだけのスキルとか経験などが無いという場合には応用できる非常に有用なやり方です。
もし一社だけに依頼しようとした場合、提示された金額が適切妥当なのかどうかどうやって判断しますかということで、感覚に頼るしかないかもしれません。
複数の会社に見積もりを依頼することで、料金の適切性が見えてきます。
どこかの会社は極端に料金が高いかもしれず、暴利なのかもしれませんし、別の会社は極端に安く、良いのかもしれないが品質も悪いのかもしれないといったことが見えてきますので、平均的にはどれくらいのお金が妥当なラインかということが、素人にも分かって来る利点があるわけです。

探偵の調査で成功した場合に支払う報酬の料金設定とは?

一般的に、探偵の料金というのは成功報酬のみで考えることがほとんどです。
例えば、探偵に依頼をしたとしてもきちんとした成果を受けられないとお金を払う意味がなくなってしまいます。
依頼人の大半が、調査対象はどういった行動をしているのかということを調べたいがために相談することになるため、それに伴う結果をきちんと出さなくてはいけません。
この点、本当に調査をしているかどうかわからない状況下でお金を支払うことは大きなリスクが伴うことになります。
そのため、探偵の成功報酬というのは基本料金と合わせて請求されることがほとんどです。
一般的な時間表に関連するプランが存在していて、その上で調査に成功した時にお金も支払うという形です。
言い換えれば、優秀な探偵事務所では素行や浮気に関連して成果を出すことができないと料金を求めないことも多いです。
ですから、こういった料金設定を採用しているところでは安心して相談できるメリットがあります。

探偵へ支払う成功報酬のメリットとデメリットとは何か

探偵に対しては、契約をした以上はお金を払うのが基本になります。
お金の中には成功報酬と呼ばれるものがありますが、これは成功した場合のみ支払うお金のことです。
何をもって成功したかと言うのは難しい部分がありますが、例えば浮気調査をした場合、浮気の証拠が見つかればある意味成功と言えるでしょう。
ただ一般的には、ただ見つかっただけではなく、それが果たして証拠能力があるかといった問題があります。
はっきりって裁判では、証拠能力がなければいくら頑張って探偵が証拠を探したしたとしても、使えるものではありません。
それ故、まずその能力があって初めて成功と言え成功報酬を払うことになります。
払うメリットはやはり、結果が出たことでしょう。
逆にデメリットがあるとすれば、比較的金額が大きいことです。
もっともこの金額に関しては、結局慰謝料請求を受けることになりますので、お金に困ると言う事はありません。
請求できる金額よりも小さなお金を支払うケースがほとんどですので、依頼者が不利になるような事はあまりないと考えて間違いないところです。

探偵に支払う料金は調査人員と調査にかかった時間の長さで決まる

探偵に支払う料金ですが、原則的なところを言えば、調査に要した人員とかかった時間の長さで決まります。
要するに人員数×時間数×時給ということで、二人の探偵が3時間の尾行や張り込みを行ったと仮定し、時給がいずれも5千円とすれば3万円となるわけです。
もちろんこれは極めて単純化した話であって、全てのケースで当てはまるとは限りません。
例えば張り込みのために車両を使う必要があるケースもありますが、その場合に別途コストがかかるのは当然のことです。
会社によってはそのようなコストも含めてまとめての料金体制になっていることもありますが、別々に項目を立てて計算しているほうが結果的に高くなったとしても納得性は高いかもしれません。
また、会社として行っている以上、現場の探偵だけで運営できているわけではありません。
管理的な業務を行う人も必要ですし、事務所を構えていればその賃貸料も必要になるわけで、それらのコストもかかってきます。

探偵の調査にはいくつかのプランがありバックプラン料金が設定されている場合が多い

浮気など、どうしても調査してほしい時に探偵事務所で依頼する際の料金が気になる方もたくさんいます。
初めての方も安心して申し込むことができるように、探偵事務所のバックプランをチェックすることをおすすめします。
法律を守って調査を行う必要があるため調査方法もきちんとルールが決まっています。
決まっている調査はバックプランでわかりやすく料金を伝えていくことができるなど、情報を集めてから安心して調査の依頼ができる所を決めることができます。
初回無料相談など、悩みを相談できるだけでも気持ちが安心できますし、料金に関することも教えてもらうことができます。
最適な方法を選択して調査を行っていくことができるように、対応できる調査と難しいことを知るなど、適切な方法で調べていき、その後の弁護士相談へと進めていくことができるようになるので安心です。
困っていることを解決することができるようにしっかりと考えた備え方ができる事も重要になります。

探偵のバックプランのメリットとデメリットは何か

探偵事務所の料金体系では、成功報酬型や時間制・バックプランなどが採用されています。
成功報酬型では何をもって成功とみるか見識の違いができやすく、時間制では過剰調査による請求金額の上昇などのリスクが意識されて最近ではバックプランを採用する事務所が増えています。
バックプランとは、調査に必要な所要時間・証拠写真撮影や調査報告書などの全ての必要な作業をパックにした料金体系のことです。
時間制プランよりは高額になりがちですが、調査に時間がかかっても請求費用が跳ね上がることがない分、利用者にとって安心感があります。
後日の裁判などの必要な証拠確保なども込みになっているので、メニューを追加しないと必要な書類がそろわないなどのリスクは解消されているのもメリットです。
反面バックプランを採用している探偵事務所ではキャンセルになっても、返金対応しないのが一般的になっています。
調査報告書などが作成されないまま、中途で調査が終了するとなると余計な費用を支払うことになってしまうのは注意が必要です。

探偵料金で後払いする場合に発生する追加料金についての条件が明確かどうかを確認すること

探偵料金というのは、その場で追加的にプランが決められていくというわけではなく必ず契約内容に則って考えていかなくてはならないものです。
事前に契約を行って、その内容で本当に業務を進めていくのかということの同意をしてから初めて調査を進めていくことになります。
当然、追加料金に関連する規定も含まれていますのでその内容に納得がいった段階で必ずサインをしなくてはいけません。
実際に、探偵料金というのは追加的に料金が請求される可能性があるものです。
これは調査時間に延長が入ってしまったり、オプションがついてしまう可能性が存在するからです。
調査内容に不満があった場合には、新しい情報を求めることもありえますし情報提供の少なさから期間が長くなってしまうとそれだけ延長料金を求められることになります。
本来ならば必要にならない料金面に関して追加的に必要になると考えられる場合は、事前に取り決めをしておかなくてはいけません。
不利にならないようにするためにも、必ず事前に契約などを確認して本当にそれで問題ないのかを把握しておくことです。

探偵に依頼する際は案件内容によって金額が変わる

探偵に依頼するというシーンは普通の人にはなかなかないですが、あるとしたら他に頼れない時です。
友人や親戚、会社の人にも話せないような内容は、もはやお金で動いてくれる探偵にしか頼めないでしょう。
そして、依頼金額は案件内容にもよって来ます。多くの場合、依頼量とは別に探偵の実働費用が掛かってくる為、調査期間に比例して費用がかさんでいきます。
依頼量がこれだけだから全て頼めるのではなく、調査に必要な交通費や宿泊費、場合によっては人と食事をする交際費なども出てきます。
しかしそれを押しても調査したい事があるのが探偵を雇う場合なのです。一生に一度のパターンだと思うなら財布の紐もゆるくなりやすく、例えば交際相手と結婚を考えた場合に念のために身辺調査をするといった時があります。
借金の有無や国籍などもそうですが、隠し子や離婚暦があった場合などは考え直すこともあるでしょうし、人生にとって重要な情報になってくるのです。

探偵に人探しを依頼して捜索してもらう方法も有効です

大事な人が行方不明になってしまった場合、自分の力で探すのは難しいのが現実です。
警察に相談をしても、事件性がない場合は行方不明届けを出すだけで、結果的に捜査をしてしまうのは難しいと言えるでしょう。
行方不明届けは想像しているよりも多く出されていますから、警察の業務では追っつかないということが理由にもなっています。
そこで人探しを依頼するときは、探偵事務所に相談するという方法があります。探偵として働いている人の多くは、元警察官であったり色んな職業を経験してきた人など、人生経験が豊富な人が多いのが特徴です。
さらに実績が多い場合は、ノウハウを構築していますから、人探しを依頼することで効率的な捜査を可能にしています。
探偵に依頼をするときは少し不安があるという場合には、無料で相談を受けているところも多いので、まずは問合せをしてみることをおすすめします。
相談をして合うかどうかを見極めたり、料金説明を受けて納得したら正式に依頼をすると安心です。

家族の借金疑惑は探偵に調査を依頼できるのか

家族間や夫婦間のトラブルにも色々な種類がありますが、家族や配偶者が知らないうちに多額の借金をしているということもあります。
お金の使い方が変わった、金融機関から問い合わせが来ているなどの場合は早めに調査を進めたいところです。
探偵なら、こうした問題もしっかり対処してくれるのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。
まず、探偵もどのような調査にでも対応できるわけではありません。借入額や借入の時期、支払い状況などを確認することはできないことは理解しておきましょう。
直接尋ねることができるのであれば、まずは本人に事実確認を取ることをおすすめします。本人から聞くことが難しい場合は、個人情報機関に問い合わせて開示手続きを行うという方法もあります。
とはいえ、開示請求は自分でしか行うことはできず、家族でも難しいといえます。
探偵に調査をしてほしい場合は、素行調査にすることをおすすめします。素行調査をすれば、ターゲットが消費者金融などの店舗を利用していないか、ギャンブルをしていないかなどの情報を得ることはできます。

探偵に依頼をするときは契約内容を確認しないといけない

何かしらの捜索などをして欲しい場合は、探偵の力を借りることになるはずです。浮気の調査などを依頼することができますから、パートナーに怪しい行動などがある場合は、実際にサービスを利用するケースも多いと考えられます。
自分で調査をする必要がなくなるので、普段の生活の中で時間を作ることができない人でも安心です。
実際に仕事を依頼する場合は、契約内容をしっかりと確認しないといけません。
どのような契約になっているのかを把握しておくことができないと、後から料金などでトラブルになることもありますから、最初に調べておく必要があるはずです。
探偵は便利なサービスを利用することができますが、料金が高額になるケースも珍しくないので、契約内容を事前に確認しておく必要があります。
サービスを利用した後に料金でトラブルになると、費用の負担の部分で面倒なことになりますから、しっかりと事前に内容を把握しておくのが大切になるはずです。

探偵の調査依頼は様々な状況に対応できる強みがある

探偵への調査依頼は、非常に様々な項目に分かれています。単純な浮気や不倫を調査していくことも可能ですし、いなくなってしまった人を調査するなどといったものも存在します。
どういった形で探偵への相談を進めていくかは、クライアントで決めることができますので幅広い対応が可能なことに違いありません。
例えば、近年ではいじめ調査なども行うことが可能です。
学校であっても企業であっても、その人物の素行などを調べることによって本当に問題ないかどうかを調べていくような調査依頼も多くなっています。
そして、このような探偵の業務が可能になっているのも法律的な観点からそういった行動が認められているという背景が大きいからです。
実際に、探偵というのは法律的な範囲内で調査をする権限が与えられていますので、一般人ならばプライバシーの侵害なので罪になってしまうようなものであっても全く問題なく相談できます。
ですから、幅広い状況に対応してもらいたい時には依頼をすることで問題を解決できる可能性が高いです。

探偵に関する情報サイト
困ったときは探偵へ

困ったときに相談すれば安心できる、探偵について初心者でもわかりやすく解説します。地域に密着しているので、警察官や自衛隊や公務員に精通しているので、人々の役に立つ事を行うと笑顔になります。生活する上でお金は必要ですが、人の為に働く事に生きがいを感じるので、楽しく仕事をするのは素晴らしいです。飼い猫が自宅から逃げてしまうと、趣味で探すのを手伝ってくれる事があるので不思議な光景ですが、子供の気持ちが大切です。

Search

更新情報